【Apex Legends】あなたが撃ち合いに勝てない5つの理由

【ApexLegends】あなたが撃ち合いに勝てない5つの理由。 ApexLegends

【ApexLegends】あなたが撃ち合いに勝てない5つの理由。

中々1v1の場面でも

打ち勝てなかったり

自分がなぜ撃ち合いに勝てないのか

いまいち分からなかったりしませんか?

※初心者向けの記事になっています。

今回は撃ち合いに勝てない5つの理由とともに

それの改善策も書いていきます。

【Apexであなたが撃ち合いに勝て無い5つの理由】

筆者はApexlgendsをCS、PC版含め

合計2000時間以上プレイし、完全野良専門で

ダイア帯には常時いけてるので初心者の方には

参考になると思います。

1.エイム練習が間違えている

エイム練習が間違えている

Apexで一番重要なのは、追いAIMです

Apexでは他のFPSに比べて体力が多いのが

一つの特徴であり他のゲームに比べ動きも早いので

継続的に当て続ける練習が最重要!

射撃訓練場で練習していても動きのない

標的になんとなく撃っている

だけだったりしませんか?

それじゃ実践的では有りません。

実践の撃ち合いは中級者以上になると

レレレ撃ちやスライディングジャンプなど素早い

動きをしてきますよね。

それに対応するための練習方法を伝授します。

1−1Botを動かす

botの動かし方はこちら。

PS4版の人はこれがおすすめ。

【APEX】射撃訓練場でBOTを動かせる裏技の紹介
2分で解説してくれてます

1−2無料AIM練習ソフト

aim lab

無料編

steamのAim Lab

このソフトの良いところは

  • 起動がとにかく早く軽い
  • APEXと同じ感度同じ視野角に設定可能
  • 成績がグラフと数字で出るので成長を感じられる
aim lab
※あの海外有名ストリーマーaceuも活用。

いろんなモードが選べるんですが

まずはトラッキングだけを練習してください

STRAFETRACKとSTRAFBOT

この二つだけで大丈夫です。

aim lab

2週間もやり続ければかなり

綺麗に追うことができるようになりますよ。

1-3 有料AIM練習ソフト

Apex Aim Trainer

有料版 Apex Aim Trainer

正直APEXだけを極めたいなら

これだけで十分と思います。

金額も520円とそこまで高くないですね。

アプリ名の通り

APEXに特化しているエイム練習ソフトなので

感度視野角はもちろんのこと

なんと武器もApexの武器で練習ができます

下記画像のように大体の武器は使えます。

Apex Aim Trainer

武器のアタッチメントも自由につけることが可能

練習したい武器の反動も同じなので

リコイル制御の練習にもなる。

Apex Aim Trainer

あとはこのように自由にBotを出現させたり

レレレやレレレ+ジャンプなど自由に設定でき、

自由にオブジェクトも置くことが可能です。

筆者はAPEXをプレイする前に

これを5分程度毎回やっています。

まとめると、Apexに特化している

ソフトがいいなら有料のApex Aim Trainer

他のゲームもするならAim Lab

この二つを練習すればかなり撃ち合いで

アドバンテージが取れるようになります。

2腰撃ちをしない

建物の中など近距離戦では

ADSで撃ち合うのは基本的に弱いです。

初心者の方は常にADSを

している印象が見受けられます。

なぜ近距離戦でADSが弱いかと言うと

被弾率が高くなる

ADS時の移動速度がとても遅いと言うことを

下記の移動速度の比較表で覚えましょう。

※腰だめ時の移動速度を100としてます。

腰だめ時100%
HG(ピストル)100%
SG(ショットガン)90%
SMG(サブマシンガン)85%
AR(アサルトライフル)50%
LMG(ライトマシンガン)40%
SR(スナイパーライフル)35%

この表を見るとどの武器を極めると

撃ち合いに強くなれるかわかります。

上級者がウイングマンや

R99をよく使う理由がこれです。

ウイングマンなどは

ADS時でも腰だめ時と同じ速さで動けるが

初心者の方がよく使う

R301やスピットファイア

でADSをすると相手から見ると

ほとんど棒立ちと変わりません

上級者が相手になると

R99等でワンマガでやられてしまいます。

なので特にARをよく持つかたは

室内など近距離戦では腰撃ちをし

被弾率を下げることで

撃ち合いに負ける確率を減らしましょう。

※フラットラインの近距離の腰撃ち最強です

2素早い動きに対応しづらい

ADSしていると相手に素早い動きをされて

見失ってしまう事がありませんか?

特に低感度だとエイムが追いつきませんよね。

それを解消するためにも腰撃ちで視野を広げて

腰撃ちである程度当ててから

ADSをするのがおすすめです。

ここまでのエイム練習と

腰撃ちがうまく使えるようになるだけで

撃ち合いの勝率が急激に上がりますよ

3.障害物を利用する意識が低い

障害物を使った方がいいと

わかってはいてもその意識がやっぱり低いな

と言う印象が有ります。

敵を見つけた時に

すぐ射撃するんじゃなく、

自分が撃った後にすぐに隠れる場所が

ある状態を確保してから撃つ癖をつけよう。

上級者の方達はこれを徹底しています。

全ては被弾率を下げることを意識すればいいですね。

4.詰め方が雑(グレを使いましょう)

【ApexLegends】あなたが撃ち合いに勝てない5つの理由。

最初の接敵で撃ち合いが始まり

こっちの方がダメージをとって

シールドを割った。じゃあ詰めようGOGO

この詰め方が初心者の方は雑な事が多いです。

ダメージでアドバンテージを

とった途端に立ち回りが雑になりがちです。

例えば相手に上を取られているときに

シールドを割ったからと平地を

走って詰めようとすると、

もう一回顔を出されて逆にやられてしまうって

事もよくあると思います。

上級者はダメージアドバンテージを取られても

立ち回りが雑になるところを狩ってきます

これの改善法としてまずは

グレネードを使いましょう。

シールドを割った。詰めようと

なった時に相手は障害物に

隠れたりしますよね

そこにアークスターを投げ込んでやりましょう。

投げてから詰める事で

反撃もくらいにくくなるのと

相手に回復する隙を与えません。

精神的にもダメージを与えれます(笑)

まずはグレをちゃんと持って

詰める前にグレを投げるってのがおすすめです。

真面目にグレネードが一番強いと思っています。

5.そもそもデバイスや環境が悪い

正直、撃ち合いに勝てない

一番の理由になっているのが

環境の問題だったりします。

プロや猛者の人たちは、みんな

デバイスに強いこだわりを持っていって

PCマウスモニター等

全てのデバイスをゲーム用の物で使っています。

つまり

自分にはセンスがないと思っている人

がいるかもしれませんが根本的に

他の人と同じ土俵にすら立てていないだけの

可能性があります。

本気でApexを強くなりたいなら

練習も大事ですが

まずは環境を整えないと勝てません

5-1 PCのスペックは十分か

そもそもゲーミングPCを使っているか。

ゲーミングPCでもスペックが適しているのか

詳しくは下の記事で参考にしてみてください。

<APEXを快適にプレイできるPCはこれ>

5-2 フレームレートの問題(モニター)

  • PS4なら60fpsが出るモニター
  • PCなら144fps以上出るモニター
  • 応答速度が1ms以下最低でも5ms以下のモニター

この条件を満たしていないなら

モニターの変更を考えましょう。

fps値の意味がわからない方は

ググってみましょう。

簡単に説明すると、数字が高いほど

画面が滑らかに動き激しい動きの中でも

敵を目視しやすいです。

※応答速度とは、何かしらの操作を

行った時にそれが画面に反映されるまでの

時間の速さのことです。

応答速度が50msの人と

応答速度が1msの人が

同時に射撃すると、1msの人の方が先に撃てます

エイム操作も同じです

応答速度が遅いとそこに標準を

合わせようとしても実際より遅れて画面が

動くためエイムが難しくなります。

これは勿論

撃ち合いに勝てない大きな要因になります

野球で目の悪い人が

コンタクトやメガネをつけずに

打席に立っている人ぐらい不利です。

※少し盛りましたけど

筆者の場合初めてPS4版のAPEXを始めた時

恥ずかしながら50インチの家庭用TVで

500時間ほどプレイしていました。

500時間もしていたのに2000ハンマーさえ

一回も出した事がなかったんですが

これをゲーミングモニターに変えただけで

その日にハンマーが取れました。

センスがないと思っていましたが

環境がどれだけ大切かが

身にしみて分かりました。

本当に上手くなりたいなら

まず環境から見直してみましょう。

詳しくは下記記事を参考にしてください。

5-3回線状況が悪い

最後にapexの様なFPS

特にバトルロワイヤルは回線弱者は不利です。

まず多人数同時接続な分

他のゲームより回線のダウンロードの

速度が重要になります。

家のインターネットの接続が悪い人だと、

時間帯によってカクカクしてしまったり

壁から敵が出てきたと思った瞬間

すでに死んでいて

っは!と思うこともあるでしょう。

ネット環境がひどいと

PING値が高くなってしまいます。

特に問題のない人は

東京サーバーで13~15msぐらいに

なっているかなと思うんですが

これが東京でもそれ以上の数字が

常時出ている人はすぐにでも

家のインターネット回線の変更を

検討した方がいいです。

回線が悪いと単純に

他の人よりもゆっくりな世界線

プレイしていると思ったらいいです。

当然、撃ち合いも不利ですよね。

APEXがかなり重いと

思う方はこちらに詳しく

書いてますので参考にしてください

<Apexを快適にプレイするためのネット環境>

まとめ

最後にまとめると。

デバイス環境や回線に

問題がある人はまずそこの改善を。

そこは問題ないと言う方は

まずは上4つのことを意識してください。

他にも初心者の為になる講座を当ブログに

記載していますのでよかったらみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました